HOME>記事一覧>出産のお祝いを貰ったら出産内祝いを贈るのがマナー

出産のお祝いを貰ったら出産内祝いを贈るのがマナー

内祝い

出産内祝いのマナーについても知っておこう

贈り物を贈るうえでセンシティブな問題が、金額になります。それは出産内祝いにもいえることです。目安としては、いただいた出産祝いの三分の一から二分の一くらいとされます。逆に、頂いた出産祝いよりも高額のものをお返ししてしまうと、相手を恐縮させてしまいますし、場合によっては不快感を与えてしまうので気を付けましょう。

ギフトを通販サイトで買う場合と店舗で買う場合を比較

店舗購入ならイメージと違う心配がない

店舗で購入する場合、実際に商品を目にして手に取ってから購入することが出来るので、イメージと違ったという失敗が少ないです。

通販サイトなら多数の商品を見比べられる

通販サイトなら、家にいながらにして、複数のサイトを簡単に見比べることが出来るので、同じ商品でも低価格でお願いできる事も多いです。

贈る相手を思ってギフトを選ぼう

出産内祝いを選ぶ際に大切な事は贈る相手の立場に立って選ぶということです。自己満足で、いくら高価でも相手がいらなそうなものを贈る事よりも相手が喜んでくれそうなものを選んだ方が双方のためになります。

出産内祝いで贈られる人気のギフト

赤ちゃん

写真や名前入りのお菓子

出産内祝いならではの物として、赤ちゃんの写真や名前入りの記念品を作ってくれるサービスも多く人気です。しかし、名前入りとなると、少し重荷に感じてしまう場合もあるので、お菓子などの消えものなら、食べてしまえばなくなるので、ピッタリです。

定番のカタログギフト

相手の好みがわからず、何を贈ろうか迷ってしまったときや、贈る先が多数の場合等に人気なのがカタログギフトです。カタログギフトなら、受け取った相手が好きなものを選べるので喜ばれます。

赤ちゃんの体重と同じ重さのお米

出産内祝いの定番として、赤ちゃんにちなんだお返しということで、赤ちゃんの出生体重分のお米をギフトにするというのも人気です。特別感がありますし、お米ですので需要も高く、喜ばれます。